「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

気温の変化が激しいですね!!寒い日もあれば、暑い日もありますが、段々と夏に向かっていくような雰囲気のある今日、この頃ですね!!

 

 

さて、そんな中で本日お届けする内容は

「暑熱順化(しょねつじゅんか)」

人間の身体というのはすごいもので、暑さ、寒さに対応するように身体を夏モード、冬モードといった感じで切り替えてその場所に慣れようとするんです!

例えば、自分のお家のにおいは自分では分からないですよね

これは、鼻がその環境に慣れてしまっているんです!!(この慣れを、かっこよく言うとコンディショニングと言います!)

つまり、暑熱順化とは、夏の暑さに慣れることをいいます!

 

さて、それでは具体的にどんなことをすればいいかということですが

結論からいうと、「汗をかくこと!」

人間の身体は汗をかくことで熱を体外に逃がしていきます。しかし、まだ冬モードの私たちの身体は汗を出す機関がうまく機能していません。上手に汗がかけないのです。

 

暑熱順化がしっかり出来ていれば、汗をかいた時に、汗の出口で身体から吸収される塩分の量が多くなります。

つまり、べたべたした汗ではなく、サラッとした汗がかけるようになり、身体にとどめておける塩の量が増えるんです。

学生時代の生理学の先生が言うには、「母なる海から生まれた私たちの身体の中には、海を作っておくための水分と塩分が必要不可欠」なんだそう

 

自分は休みの日に小学生のサッカーのコーチをしたりもしているのですが4月の末に熱中症でぐったりとしている子もいました!

 

しっかり暑さに慣れておかないと明日は我が身。なんてことにならないように今回この記事を書きました!

諸説あるようですが、夏日の中で、軽い運動を行って汗をかく日数が、短くて一週間、長くても二週間あれば暑熱順化が完了するようです!

 

しっかりと夏に強いパワフルボディーを作っていきましょうね!!

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP