「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

段々と朝晩冷え込む時期になってきましたね。

この時期になると、朝起きたときに、身体が痛くて起きられないという方が増えてきます。

当院でも「どうして朝起きたときに痛くなるの?」という質問をよく受けます。

ズバリお答えしますと、その原因は寝ている間の“冷え”にあります。

寝ている間というのは、当然のことながら意図的に身体を動かすことはできません。

身体を動かさずにいると筋肉は固くなり、血行も悪い状態になります。

さらに夜中には気温も下がり、身体も冷えやすくなるので、余計に筋肉が固くなってしまいます。

また、一日のお仕事や家事、スポーツなどの負担を身体に残していると、老廃物をため込み、筋肉の動きを悪くし、疲れやすい、冷えやすい身体にしてしまいます。

お風呂に入ってすぐに布団に入っているのに…という方も多くいらっしゃいますが、実はお風呂に入るだけでは身体のケアとしては不十分なのです。

もちろんお風呂に入ることで身体は温まり、血行も良くなって、筋肉も良い状態になります。

ここで加えて頂きたいのがストレッチです。

お風呂で温もって血行が良くなった状態で、しっかり筋肉を伸ばすことで柔軟性も高まり、老廃物も血流と共に流れてくれるので、寝ている間に冷えにくい、痛みの出にくい筋肉へと変わります。

その日その日の負担を残さないことで、翌朝の痛みを予防できるのです。

当院でも、朝の痛みを軽減させるお手伝いをさせて頂きます。

お困りの方は当院までご相談ください!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP