「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 こんにちは!段々と暖かくなり初夏の陽気を感じるようになってきましたね。これからジメジメとした梅雨の時期に変わると体調に変化が出る方が多く出てきますので、しっかりと対策しておきましょうね!!

 

 先程も述べたように、これからジメジメとした梅雨の時期に入ります。梅雨の時期は気圧の変化が大きく、雨の日も多くなる為、頭の痛みや神経痛が起こりやすくなります。なぜ梅雨時期は頭の痛みや神経痛が起こりやすくなるのか?その原因は自律神経の乱れにあります。自律神経とは体を興奮状態にさせる交感神経と、体をリラックスさせる副交感神経の二つに分かれます。この二つの神経のバランスが安定していると人間はストレスを感じにくく体調を崩しにくいです。しかし、交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうと、人間は体の中で防御反応が出てきてしまい頭の痛みや神経痛が起こりやすくなるのです。

 

 自律神経の乱れを落ち着かせるためには、体を温めてあげることが大切です。自律神経が乱れやすい人の特徴として体温が低いことがあります。体温が低いと筋肉を震わせて体温を高めようとします。筋肉を震わせるこの行為の時に交感神経が優位になるのです。そのため、常に体温が低い人は常に体温を高くしようと筋肉を震わせるため自律神経が乱れやすいのです。ご自身が少しでも体温が低いなぁと感じる方は体をしっかりと温めてあげてください!

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP