「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 

みなさんこんにちは。お盆休みも終わり8月も後半に入りました。もうすぐ9月ですね。夏も終わりに近づいていますが、みなさん夏を満喫できましたか?何か夏らしいことはしましたか?私はお祭りに行ったり、夏の音楽フェスに行ったりと夏を満喫できました。夏が終わりに近づいているといってもまだまだ暑さは続きますので、水分補給も忘れずにしていきましょう。

 

本日は棘下筋についてお話していきます。棘下筋とはどんな筋肉でどんな役割をしているのか分からない方も多いと思います。肩にはローテーターカフというものがあります。ローテーターカフとは肩の安定性を高めている筋肉たちの総称です。棘下筋もその1つで肩を安定させるのに重要な役割をもち、この筋肉を使い過ぎてしまうと筋肉が萎縮して肩に違和感を感じる原因にもなるのです。日常動作やスポーツ動作としてはカーテンを開けたり、テニスのバックハンド、投球動作の最終時などで使う筋肉になります。当院では棘下筋にアプローチをかける施術も行っていますので興味がありましたらお試しください。

 

少しでも身体の痛みや疲労感を無くすためには痛みを溜め込んだり我慢したりせずに、施術に通われてみてください。また、学芸大学整骨院では背骨の歪みを整える整体を行っております。学芸大学整骨院でしっかりと施術させていただきますので、興味がありましたらぜひお越しください。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP