「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さん、こんにちは!秋の季節ですが気温の変化により体調を崩しやすいですね!芯から温まる食事をとることで風邪の予防にも繋がりますので今の時期から気を付けましょうね!

今回は正しい歩き方についてお話をしていきたいと思います。正しい歩き方はまず姿勢が重要になってきます。よく言われているのが横から見た時に耳・肩・腰・くるぶしが一直線に並んでいるのが正しい姿勢となりゴールデンラインとも言います。分からない方がいらっしゃいましたら壁に後頭部・健康骨・臀部・踵を付ける事により腰にスペースが空きます。そこに手の平がギリギリ入るのが一番正しいと言われています。姿勢が悪い方は試して下さい。

次に正しい姿勢から歩く動作について話をしていきます。歩くためには腕を振ることが大切です。結構多いのが腕を振って下さいとお伝えすると、前に腕を振ろうとしてしまいます。肩甲骨にブレーキがかかり可動域が狭いです。それより後ろに腕をふることにより肩甲骨の可動域が大きくなり骨盤や下半身の筋肉が連動し推進力がついてくれなす。また全体のエネルギーを使う事によりダイエット効果にも繋がるので意識してみてください!

次は足の接地についてお話していきますね。踵から接地し次に小指から親指と順番に行う事で体に負担が掛からず正常歩行ができると言われています。また、ポイントとして踵をはねさせ過ぎないことが大切です。はねさせ過ぎると膝にロックが掛かり痛めてしまう原因になってしまう事がありますので気を付けて行ってみてください。

正しい歩き方はとても簡単なことではありません。身体全体の意識が必要となり体の使い方を理解しなければなりません。ですが、歩行は日常生活で重要になってきます。そこからの体の痛みは予防ができますので試して下さいね‼

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP