「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんこんにちは!今は梅雨の時期ですが、もう真夏で暑いですね。そこでウォーキングなどの運動をする方も増えてきたとおもいます。今回は靴のソールの減り方についてお話させていただきます‼

ウォーキングは健康面で非常に良い運動であり、健康にも効果があり毎日のウォーキングは肥満の予防や動脈硬化や糖尿病の予防にもなります。

しかし、歩行が上手くできないと身体のアライメントは崩れてしまい肩・背中・腰・膝などあらゆる場所に痛みがでてしまいます。

そこで、正常歩行をしっかりと行い痛みのない身体を作り上げていきましょう!

ここで問題です。この5つ中に正常な靴底の減り方があります。

どれでしょう?

  1. 外側の部分だけ靴底の減りがあるかた?
  2. 内側の部分だけ靴底の減りがあるかた?
  3. つま先の部分だけ靴底の減りがあるかた?
  4. 踵の部分の部分だけ靴底の減りがあるかた?
  5. 踵とつま先の部分だけ靴底の減りがあるかた?

理想の正常歩行は地面に踵接地から小指そして親指の順に最後地面を切り上げる歩行が正常歩行と言われています。よって負担も掛からず歩行のスピードもあがりますので⑤が理想とされています。

また、その他の方がいらっしゃいましたら転倒の危険性や身体の一部に負担が掛かり痛みを伴うことがあります。痛みがない身体を作るにも今のうちに⑤の歩き方に変えていき、ご自身の歩行を気にしながら行ってみてください。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP