「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは。今年は暖冬の影響か桜の開花時期も早まるみたいですね。暖かくなると出かける機会も増えると思いますので、しっかりとお身体のメンテナンスをしていきましょうね。

 

みなさんは、原因が分からないのに膝が痛むなんてことありませんか?その原因はもしかしたら足首に原因があるかもしれません。ぶつけたとか捻ったなどの明らかな原因が無いのに膝が痛む方は、足首を見ると膝が痛む原因が見えてきます。足首と膝の関節は非常に関係が深く、歩く時や走る時などは足首と膝の関節が連動して動きます。足首の動きが軟らかい人はしっかりと踵から着地してゆびで蹴りだすことができ、衝撃を吸収してくれます。しかし、足首の動きが硬い人は正しい歩き方ができず足の裏全体で地面についてしまいます。分かりやすく言うと「ドシンッ」という感じで踏み込んでしまうのです。「ドシンッ」と歩く人は足首が衝撃を吸収してくれず、膝へダイレクトに衝撃が伝わってしまいます。そうすると膝の筋肉が緊張して膝の関節内に組織液が溜まってしまい、膝の痛みの原因となってしまいます。足首の動きが硬い人はヒールやサンダル、スリッパや革靴を常に履く人に多く見られます。また、過去に足首を捻ったことがある人も足首の動きが悪いです。足首を捻ったことがある人は、足首が緩くつま先立ちをするとグラつきます。足首が緩いまま歩いても足首で衝撃を吸収することができなく、膝への負担が大きくなります。

 

当院では足首の機能を良くするテーピングを貼ったり、足首や膝に負担がかかりにくい生活のアドバイスもさせていただいております。膝の痛みが気になる方は是非一度当院までご相談ください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP