「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。暑くなってきましたね。暑いと進むのが冷たい物です。特に仕事終わりのビールなんて最高ですよね。そこで気になってしまうのがビールに合うおつまみのコレステロール値ですね。今回はそんなコレステロールについてお話していきますね。

 

血液中にはコレステロールなどの脂質が含まれています。これらはからだに必要な脂質です。コレステロールは細胞膜を作ったり、ホルモンの材料になったりととても大切なものです。ですが、悪玉コレステロールが多すぎると、血液がドロドロになり様々な悪影響がでてきます。そこで運動を定期的に行うと、エネルギーとして消費され、悪玉コレステロールを分解し減少させる効果があります。ですので可能であれば毎日、最低でも週に3日以上の運動が必要です。運動の種類としては、有酸素運動が効果的です。有酸素運動とは、ウォーキングや水泳など長時間継続して行う運動で、体内の脂肪や糖が酸素と一緒にエネルギーを作り出すことから有酸素運動といいます。なお、血圧を良くするには、血圧が安定しているタイミングで運動を行うことが重要です。運動を少しでも継続して行い美味しいものが美味しく食べられるようにしていきましょうね。

 

当院では、このような一見関係なさそうなお身体の悩みでも、お気軽に相談に乗っております。悩み事がありましたら何でも相談してくださいね。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP