「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 

みなさん、水分補給はしっかりできていますでしょうか?いつの季節も喉の乾燥は避けていきたいものです。わたしも水分補給と、プラスで塩分補給をしっかり心掛けています。最近は水分の補給も大切ですが、水分だけでなく塩分の補給も重要だといわれています。ではなぜ水分だけではいけないのか。

 

体から水分が不足すると血液がドロドロになりやすくなります。それによって起こってくるのが体の酸素不足と栄養不足です。血液は体全体に酸素や栄養素を運んでくれる役割を果たしてくれます。酸素や栄養素が不足して一番ダメージが大きいのが脳です。脳への酸素や栄養が不足すると体の倦怠感や判断能力の低下が起こり、最悪の場合意識が無くなってしまうこともあります。ですので水分はしっかりと補給しましょう!!

 

そして水だけではなく塩分が必要な理由は、水だけだと血液の中の水の割合が高くなって血液が薄くなってしまいます。血液が薄くなってしまうと血管内の水分を減らそうとして血管から細胞へ水分が移動します。それにより起こってくるのが浮腫(むくみ)になります。特に夏の時期に水分を摂りすぎると浮腫の原因になることもあります。

そこで重要なのが塩分になります。塩分は細胞の中にある水分を血液に戻す役割があります。ですので水が血管から出すぎないようにするには塩分摂取がとても大切になります。塩分補給も定期的に行って血管の中の血液の濃さを薄くなりすぎないようにしてあげましょう!逆に血液が濃くなりすぎると先ほどのように酸素・栄養不足や高血圧の原因になるので注意ですね!

 

体の中の水分の調節はかなり難しいですが、水分補給と塩分補給はこまめに行いましょう。喉が渇いたと感じたときにはもう遅いという話もよく聞きますね。特に子供や高齢者は注意が必要です。

いつの時期も水分不足は身体に良くありませんので水分・塩分をしっかりとって健康的な毎日を過ごしていきましょう!!

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP