「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

秋に向け少しずつ涼しさがでてきましたが、まだ夏の暑さは続いていますね。夏は暑さから汗をよくかきやすく体内から水分を失いやすいです。皆さんは水分不足になると体にどのような影響を及ぼすかご存知ですか?人間の体内は70%が水分(血液を含む)で占めています。暑い中外を歩いたり、家の掃除などしていると汗を大量に流し体内は脱水症状を起こします。脱水症状になると

 

・自律神経が乱れ熟睡できない

・精神的ストレスを溜め込みイライラしやすい

・血液の流れが悪くなり疲労物質を流すことが出来ず怠さ、めまいが起きやすくなる

・熱中症や夏バテの可能性を高めてしまう

・肌が荒れやすい

 

など色んな不調を招きます。脱水症状を防ぐ為に一番は水分補給をこまめにとることが重要ですが、喉が渇く前に、トイレで用を済ませた後にも水分補給をとれると良いです。平均して一日1.5~2ℓの水分が必要と言われてますが、それに満たない方が大半です。特に話し続ける接客の仕事されている方などは、口から水分を失いやすいのでその際も喉が渇く前になるべく水分補給をしてください。次に気をつけたいのが涼しい場所で休憩をこまめにとることです。人間の身体は年齢とともに暑さを感じなくなり、気付かないうちに体内に熱を溜め込み続け熱中症を発症する方が多いです。10分程の休憩で身体から熱は消えていくので、外にお出かけされる際や運動をする方などは意識してみてくださいね^^

 

もう少し夏の暑さ続きますので自分の身体を気遣って生活していきましょう!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP