「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!徐々に気温も上がり昼間だと汗ばみますね。気温が暑くなると湯船に浸からずシャワーで済ましてしまいがちじゃないですか?実際にシャワーは時間がない時や、暑がりな方などにはいいですね。私も平日はシャワーで済ましがちです。他にも冷たい水を浴びて終わりの方など様々な方がいると思います。皆さんはどうですか?

 

今回は湯船の良さと注意点について書かせていただきますね!湯船の温度によって体にみられる効果が違うのはご存知でしょうか?通常、4041℃位の温度で15分ほど湯船に浸かること体は温かくなって血流が良くなり代謝や回復力も上がります。回復力が上がると施術の効果も上がるのでいいですね。そして副交感神経というものが優位になりリラックス効果もみられ、筋肉の緊張も楽になりますし仕事等のストレスも解消されると思います。湯船の温度が高い場合は、先ほどとは逆で温度が高いと交感神経というものが優位になり気持ちが高ぶる傾向があります。夜ではなく朝風呂の時ならいいですね。温度の低い水風呂は、サウナの後に水風呂に入ると体から汗が出る場所(汗腺)が一気に締まり湯冷めしにくいという利点があります。でも、温かい場所から冷たい場所に一気に移動すると心臓に大きな負荷がかかったりしてしまうので、もともと心臓が弱い方は注意してくださいね。

 

いろいろと良さと注意点があるので、しっかり自分の体と相談しながら湯船に浸かってくださいね。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP