「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。最近はとても暖かくなってきて、お風呂に浸かるのをさぼりがちになっていないでしょうか?お風呂には素晴らしい効果がいくつもあるんです。今回はお風呂の効果についてお話させていただきます♪

 

温かいお風呂に入ると、とってもリラックスできますよね。それは温熱、水圧、浮力の3つの物理作用が働くからなのです。まず一つ、温熱作用です。これは温度にもよるのですが、高温浴の42℃~44℃だと交感神経の緊張を促して活動的になります。微温浴の35℃~40℃のお湯ですと副交感神経が働きます。精神的にも安らぎ、落ち着いた気分になります。ですので夜は38℃くらいのお湯に、朝は42℃くらいの熱いお湯に浸かるのがいいそうです。そして二つ目に水圧作用です。足にたまった血液が押し戻され、心臓の働きを活発にし、血液の循環を促進します。腹部に受ける水圧で横隔膜が押し上げられ、肺の容量が少なくなり、それを補うように呼吸数が増え、心肺機能が高まります。また足にたまった血液が押し戻され、血液の循環を促進します。そして三つ目が浮力の作用です。プールや海に入ると、浮力で身体が浮きます。実は肩まで水に浸かると、体重は約10分の1になるのです。体重が60キロの方であれば、6キロです。普段体重を支えている筋肉や関節がその役割から解放されてリラックスできます。

 

これから暖かくなりシャワーで済ましがちになると思いますが、この素晴らしい効果を知ってしまったら、お風呂に浸かるしかないですよね(^^)みなさんでぽかぽか健康ライフを過ごしましょう。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP