「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

駅前の花屋さんから、ポインセチアの赤い光が放たれて、クリスマスムードを一気に演出してくれる今日この頃ですね!冷え込みもキツい時期になってきましたのでお身体無理ないように気を付けてくださいね!

さて、今回はお部屋の湿度についてお話していきます。乾燥する冬のこの時期は湿度の管理が上手に出来ると、快適に日々を過ごすことができます。では、どのくらいの湿度だと生活はしやすくなるのでしょうか?一般的に、人が快適に過ごすことの出来る湿度は40~60パーセントと言われています。この範囲を超えてしまうと、カビが発生しやすくなったり、逆に低すぎると、インフルエンザなどのウィルスが活発になったりと、人間よりもカビやウィルスの方が居心地の良い環境が生まれてしまいます。まずは、ご自宅の湿度を測れる湿度計を目の届くところに設置し、こまめに確認できると良いと思います。湿度を上げるためには加湿器を設置し、効果的に湿度を高めることができます。また、湿度が高くなっている時は換気をすることで外からの空気を取り込み、湿度を下げる事ができます。こまめに換気をとよく言いますが、具体的な換気のタイミングを湿度で測ってみるのはいかがでしょうか?

また、湿度が10%上がると、体感温度も1℃上がると言われています。風邪対策だけではなく、同じ気温でもより暖かく過ごすためにも湿度管理に取り組んでみてはいかがでしょうか?

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP