「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!最近食欲が湧きすぎて運動する以上に食べてしまい、お腹周りが気になりだしてきました(笑)みなさんの中にもついつい食べ過ぎてしまいお腹周りが気になるなんて経験ありませんか?痩せようと思って運動してもなかなか痩せられなくて運動が続かない・・・。そんな声をよくいただきます。そんなお悩みに今日はお答えしたいと思います。

痩せるために一番大切なのは脂肪を燃焼させることです。ただ効率よく運動をできないとうまく脂肪を燃焼できずになかなか効果が現れません。効果が見えないと運動もただキツイだけになってしまい続かなくなってしまいます。では、一体どうやったら効率よく脂肪を燃焼することができるのか・・・。それは、無酸素運動と有酸素運動の使い分けです。無酸素運動を先に行ってから有酸素運動をすると脂肪の燃焼の効果が高いと言われています。無酸素運動と有酸素運動、よく聞くかと思いますが実際にはどんな運動なのか?

【無酸素運動】

無酸素運動は筋肉に溜め込んでおいたグリコーゲン(糖質)をエネルギーとして使います。酸素を必要としないので持続力が無いですが瞬発力を鍛えることができます。

【有酸素運動】

有酸素運動は脂肪を燃焼させて行う運動です。脂肪を燃焼させるために酸素をエネルギーとして使い、血中にある脂肪を分解することにより脂肪を燃焼させます。

 

最初に無酸素運動をすることによって血中に脂肪酸が流れ、その後に有酸素運動をすると血中に流れた脂肪酸をエネルギーとして使うので効率よく脂肪を燃焼することができるのです。

 

みなさんも効率の良い運動をして理想の体作りをしていきましょう!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP