「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんこんにちは!外は本格的に暑くなり35℃前後の気温も当たり前になるのが怖いですね(笑) これだけ毎日暑いと家に帰ったらクーラーをいれると思いますし、電車も含めて室内に入るとどこも涼しくなっていますね。でもずっと室内にいると寒くなってだるさを感じたりしますよね。暑いと寒いのを繰り返す生活をしている事で疲れが溜まり熱を出す方も少なくないんではないでしょうか?その時、ダルさだけでなく筋肉痛や関節痛があった経験がある人もいます。今回はその痛みの原因についてお話しさせていただきますね!

体に細菌が侵入してきた際は体内の温度をあげ対抗する為の抗体を活発に動けるようにしています。その温度を上げる為に体は働いてくれています。私たちが分からない位のレベルの微細な筋肉の震えにより熱を作り出しているので疲れが出ているんですね。あともう一つ理由があり、菌が入ってきた際に「脳内に菌がきたよ」と伝令を送るのですがその際に出る物質による痛みもあります。

体調を崩している際は免疫や代謝が下がりますし、この時期ならなおさら食欲不振になったりもします。体がダルく痛みがあるとイベントの多いこの時期は乗り越えられないのでしっかりと痛みを取りつつ回復力を高めていきましょう。もし筋肉の痛みで悩まれていたら是非お越し下さい。しっかりと診させてもらいますね。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP