「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!7月に入りいよいよ夏の到来を迎え、夏空がまぶしく感じられるようになりましたね。今年の梅雨はあまり雨の日が少なかったような感じがします。夏の暑さで夏バテしないように体調管理には気を付けていきましょう!

 

梅雨が明けた夏に切り替わる頃、毎年この時期から熱中症になる方が出てきます。実はこの熱中症、35℃を超える猛暑日よりも30℃くらいの真夏日の方が熱中症になる可能性が多いと言われています。気温が高くなればなるほど熱中症になりやすいと思う方も多いかと思いますが、なぜ猛暑日よりも真夏日の方が熱中症になる可能性が高いのか?それは、真夏日くらいの気温ですと我慢できる範囲なので我慢してしまう人が多いためです。猛暑日くらいまで気温が高くなってしまうと暑すぎて外に出る人も少なく、室内でもエアコンなどを使って涼む人が多いです。ただ、真夏日くらいの気温ですと我慢できてしまう為、外に長時間いたり、エアコンを点けずに我慢してしまう人も多いです。

最近では、一人暮らしのお年寄りの方が増えた影響か、熱中症で倒れたのを発見されずに命を落とされるケースが多くなっています。また、大人数で炎天下の中遊んだり部活などをしていて水分を十分にとらないと、誰か一人が熱中症で倒れた瞬間に我慢していた気力が途切れてしまったのか次々と熱中症で倒れてしまったケースが過去にありました。

このように、熱中症は水分補給やこまめな休憩をとらないと誰にでも起こりえる物です。

 

熱中症になってしまうと頭がボーっとしたり、酷いものですと意識不明に陥ったり痙攣を起こしてしまうものまであります。また、熱中症になった時に脱水症状だからといって水を飲ませようとするとうまく飲み込めなく喉を詰まらせたりしてしまう危険性があります。熱中症になった時の対処法として、まずは日陰などの涼しい空間に移動させたりして直射日光を避けます。また、体に氷袋などを当てて体温を下げます。この時、当てる場所が重要なのですが、大きい動脈がある脇の下や首、膝の裏に当てるのが重要になります。

 

夏は海や花火、祭りにバーベキューなど楽しい事が沢山あります。夏の暑さに負けずに楽しい夏にしましょうね!!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP