「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 

みなさんこんにちは!ここ何日かは天気が良く気温の高い日が続いていますね!もうすぐ梅雨の時期ですので、洗濯物を干すなら今ですよ!そして、もう半袖で過ごせるくらい暖かいですね!私は母親に夏は着るものが少ないから洗濯物が少なくて楽だと言われました。そう思われてる方は結構多いのかもしれません。気温が暖かくなってきたということで、今日は熱中症についてお伝えしようと思います。

 

気温が高くなってくると気を付けなければならないのが熱中症です。熱中症とは体温があがり体内の水分や栄養バランスが崩れたり、体温の調節機能が働かなくなってしまって起こります。熱中症の起こりやすい場所としては気温と湿度が高い、風が弱い、日差しと照り返しが強い、そして急に暑くなった時などです。意外な所では気温が低い日でも湿度が高いと熱中症にかかりやすいのです。決して真夏の運動だけが原因ではないのです。熱中症の予防としては暑いところをさける、服装を工夫する、水分補給をこまめにする、暑さに備えた身体作りをすることなどです。運動している人だけではなく、乳幼児や高齢者の方も注意が必要です。水分を摂ることは特に重要で水分不足は熱中症だけではなく、足がつる原因や疲労が溜まりやすい原因にもなります。熱中症と身体の疲れも関係があり、身体に疲れが溜まって重だるい感じなどがあると熱中症もなりやすくなってしまいます。

 

もし身体の重だるさなど感じましたら、我慢せずに一度相談にお越しください。学芸大学整骨院でしっかりと診させていただきます。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP