「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。寒さも段々と厳しくなってきましたね。寒いと外出が億劫になってしまいがちですよね。私も外出が減っているのですが、最近は本を読む習慣をつけようと思い時間がある時に本を読むようにしています。その時、ふと私自身の姿勢が悪い事に気が付きました。ですので今回は猫背のお話をしていきたいと思います。

 

みなさんは普段の姿勢の意識は出来ていますでしょうか?猫背にも色々種類があり首の猫背、背中の猫背、腰の猫背の三種類あります。一般的に言われている猫背というのが背中の猫背です。背中の背骨は元々後ろに弯曲している形になっています。その為背中は自然と丸くなる形になった方が楽なのです。猫背の対策として腹筋を付けると良いという話も聞いたことある方もいると思いますが、あれは一概にそうでもないのです。腹筋は確かに体を支える体幹の筋肉の中では大切になります。ですが腹筋は体を前に曲げる時に必要な筋肉です。姿勢が悪い時に腹筋が発達してしまうと、余計に体を前に曲げる力が強くなり猫背を強くしてしまう原因になります。ですから逆に背筋を鍛えてあげた方が姿勢を維持しやすくなります。さらに猫背は背骨自体が真っ直ぐではなく歪みがある状態の時に強く出ると言われています。背筋を鍛えるだけでなくこの背骨の歪みも同時にとらないと良い姿勢は保てません。そして背筋も鍛え始めてすぐにつくわけではありませんのでまずは背骨の歪みを取ってあげると良いでしょう。更に最近増えてきているのがデスクワークやスマホを触る際に出る首の猫背が増えてきています。首を下にずっと向けてしまっていることが原因で起こります。この姿勢も背骨の歪みが原因で起こります。背中ももちろん大切ですが首も一緒に診てあげることが大切になります。

 

私自身も姿勢には気を付けています。ですが中々維持してあげることは難しいですね。姿勢の維持が難しい人は良い姿勢の維持が出来ない体になってしまっているのです。ですから良い姿勢を作ってあげるためにも背骨の歪みを取って姿勢を正してあげられるようにメンテナンスしていきましょう^^

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP