「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

学芸大学整骨院には産後の骨盤の歪みでお悩みの方が多く来られます。今回は骨盤が歪んでしまうとどうなってしまうのか?歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻すにはどうしたらいいのか?産後のお母様方のお悩みについてお話していきたいと思います。

私たちが歩いたり、座っている時に体の支えとして役割を担っているのが骨盤になります。骨盤の働きにより良い姿勢を保ったり、体を動かすことができます。しかし、出産前は赤ちゃんを産みやすいように、ホルモンバランスの影響で骨盤が自然に開いていきます。そして産後は育児や家事に追われ、体のケアが出来ず骨盤が開いた、歪んだ状態で生活を送ってしまうため骨盤周りの筋肉が徐々に衰えてしまいます。例えば、骨盤が開いたり歪んだ状態を放っておくと腰の痛みを感じたり、代謝が悪くなりお尻周りに脂肪がつきやすくなってしまいます。悪化すると腰に急激な痛みが走ったり、お尻から足にかけて痺れを感じるといったことに繋がりますので早めの施術が必要になります。

開いたり歪んでしまった骨盤を正しい位置に戻すためには「背骨と背骨周りの筋肉」の施術が大事です。骨盤と背骨は密接にくっついていますので、歪んだ背骨を真っ直ぐにすることで骨盤は正しい位置に戻ります。また背骨周りの筋肉のバランスを整えることで背骨の真っ直ぐな状態を維持出来るようになってきますよ^ ^

 

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP