「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

パソコンやスマホの画面を見ていると目がしょぼしょぼする・・・。酷いと頭も痛くなる・・・。デスクワークをされている方はこのような経験があるのではないでしょうか。目の疲れを感じるたびに目薬をさしても症状は中々良くなりません。目の疲れの根本的な原因はどこにあるのでしょうか?

結論から言いますと「血液循環」が原因となります。血液は心臓から足先まで運ばれ、足先から心臓へ運ばれそれをずっとループします。そして毛細血管を通して全身の筋肉や骨、臓器系に酸素や栄養を送ってくれます。目の疲れを感じるときは血行不良で脳が酸欠状態になっている時です。血行不良を起こす原因としては“同じ姿勢が続くこと”にあります。例えば、デスクワークは同じ姿勢でいることが多く猫背にもなりやすいかと思います。また集中すると首や肩に力が入ってしまいやすいです。それが続くと首や肩の緊張がどんどん強くなり、脳に十分な血液を送ることができなくなります。悪化すると頭の痛みが起きたり、時にはめまいや吐き気などの重い症状を引き起こすこともあります。

デスクワーク中の悪い姿勢は意識だけで良くするのはかなり難しいです。体の大黒柱となる背骨や、その周りの筋肉のバランスをとることで正しい姿勢を維持でき、血行不良防止や目の疲れも軽減されていきます。目薬だけに頼らずお体としっかり向き合い施術をしていきましょう!

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP