「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!桜も散り始め緑の葉が色づき始めましたね。4月から新生活を始められた方は新しい環境に慣れ始めたでしょうか?新しい環境で何気ないことにも緊張してしまい疲れも溜まりやすくなると思いますので、適度に休憩も忘れないでくださいね!

 

皆さんの中で今現在、タバコを吸われている方はいませんか?今回は、タバコが及ぼす身体への影響についてお話させていただきます。特に今、タバコをやめようと思っている方に是非お読みいただきたいです。タバコには依存性の高いニコチンなどが入っているため、やめたくても相当な強い意志がない限り中々やめられません。また、タールをはじめとする発がん性物質が含まれており、体にとってとても有害です。禁煙を始めると、体の中で沢山の変化が生まれてきます。

  1. 禁煙1分目で回復機能が動き始めます。
  2. 禁煙20分くらいで脈拍が戻り、手の体温が正常まで上昇します。
  3. 禁煙8時間くらいで運動能力が戻り始めます。
  4. 禁煙24時間で心臓発作の確率が低下します。
  5. 禁煙48時間で嗅覚と味覚が回復します。
  6. 禁煙48~72時間で体からニコチンが完全に抜けます。
  7. 禁煙72時間で肺活量が回復し始めます。
  8. 禁煙5年で肺がんの確率が半分に減ります。

このように、時間がたつごとに失われていた機能が回復し始めます。しかし、タバコを吸うことが習慣化されている方はニコチン依存しているため、1本吸い終わったら次のタバコを吸うのにまたすぐに吸われると思います。そのため、体の機能がなかなか回復しません。しかし、がんの確率を減らす為には最低でも5年は禁煙をしなければいけません。そのため、がんのリスクを低下させるためには早めに禁煙することが重要になってきます。

 

タバコを禁煙するのはとても難しく、根気が必要になります。禁煙する時は、禁煙を意識し過ぎると逆にタバコを吸いたくなると感じてしまうので、禁煙をしていることを忘れてしまうくらい満喫した趣味などを見つけたりすると楽しく禁煙できるかもしれませんね!!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP