「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。いよいよ11月に入り、今年も残すところあとわずかとなりました。秋の行楽シーズンも迎え、お出かけの機会も増えてきたのではないでしょうか?気温差の激しい時期となりますので体温の管理には十分お気をつけくださいね。

 

さて今回は第二の心臓という別名がつくくらい体のなかで重要な「ふくらはぎ」の役割についてお話していきます。なぜそう呼ばれるかというと、重力によって下半身にたまった血液を心臓に戻すポンプの働きをしているからです。その為ふくらはぎの筋肉が凝り固まって血流が滞ると全身の血流が悪くなり、代謝の低下に繋がります。つまり、ふくらはぎの状態と全身の状態は密接な関係があるといえます。自分のふくらはぎを触ってみた時に、ふくらはぎがパンパンに硬かったり、しこりがあったり、冷たかった時には要注意です。体の他の部分も同じように凝り固まっている可能性があるので注意しましょう。また、こういった症状を緩和する方法もあるのでいくつか紹介していきます。まず1つは、適度に運動することです。体温のというのは半分近くが筋肉の働きによって発生するものなので、動かすことでふくらはぎのポンプ作用を促すと効果が得られます。後は、体を温める成分のある食品を摂取するのも効果的です。色の濃い食べ物、黒っぽい色の食べ物はこういった成分が多く含まれると言われています。食材選びも是非意識してみてくださいね。

 

上記の症状に少しでも該当する方は、寒さが厳しくなる前の段階でしっかりと対策しておくと安心です。ご自身のふくらはぎや体の今の状態、またどういった対策をしていくか迷われた方は是非当院にご相談くださいね。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP