「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんが普段から使っている筋肉ですが、どのような機能があるのかご存知ですか?体を動かす際に必要になりますが、それ以外にも大きな役割があるのです。

 

【熱を作る】筋肉は熱を作り出すことができます。どのように熱を作るのかというと、筋肉が伸び縮みを繰り返すとその際にATPというエネルギーが使われます。このATPが使われた際に産物として熱が作られるのです。よく寒い時期や水泳の後などに顎がガクガクと震える、そんな経験はありませんか?あれは体温が下がった時に顎の筋肉が伸び縮みを繰り返して熱を作ろうとしているのです。このように筋肉は熱を作ってくれる大切な役割をしてくれるのです。【関節を動かす】筋肉は関節を動かすためにも必要不可欠になります。関節を動かすには筋肉が無いと動くことができません。筋肉が伸び縮みすることで関節を上手く曲げ伸ばしすることができます。この筋肉がうまく動かなかったり、筋力が落ちたりすると関節は上手く曲がることができません。筋肉は身体を動かすためには必要になります。【血流を送り出す】みなさんは心臓の壁が筋肉で出来ていることをご存知ですか?なぜ心臓の壁が筋肉で出来ているのか。これは筋肉の伸び縮みする性質を利用しているのです。伸び縮みすることによりポンプの作用を引き起こします。このポンプ作用があるからこそ全身に血液を送ることができるのです。筋肉は身体を支えるだけでなく身体の血液循環を維持することもできるのです。

 

このように筋肉には様々な働きがあります。どれも人が活動するために重要な働きになりますので、これらの機能を司る筋肉をよりよい状態に保っておくことが大切になります。学芸大学整骨院では筋肉の状態をよくするトリガーポイントという施術を取り入れています。この冬を丈夫に乗り越えるために今のうちに体作りをしておきましょう!!

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP