「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

雨雲を連れて前線が去りゆくと共に、明るさを増した太陽が夏の訪れを告げるような今日この頃ですね。皆さんはいかがお過ごしですか?

さて、今回は一年でどれくらいの量の筋肉が減っているのかについてお話していきます。実は30代に入るとともに年に1%ずつ筋肉が減っていくというデータがあります。年齢が上がると痩せづらくなるとはよく言われますね。その原因は筋肉の量が減り、基礎代謝が低下することにあるのではないかと言われています。加えて、筋肉が減るという事は、身体を支える筋肉も少なくなるということ。そのままでは正しい姿勢で立つことができなくなるので、腰の痛みやひざの痛みなど身体の痛みが出やすくなります。他にも、風邪などで1週間寝たきりがつづいていると、15%も筋肉の量が減ってしまうと言われています。その週だけで15年分も筋肉の量がへっていることになります。風邪のあと身体が重くなる原因の1つにこれもあると思われます。では、どのように運動すれば良いのでしょうか。重い重量などを上げるトレーニングでなくても、限界までしっかりと追い込むことができれば、低い強度の運動でも効果は変わらないというデータがあります。重りを使う必要がなければ、お家でも簡単にできますね!

30歳になっても40歳になっても、筋肉をつけることは出来ます。皆さんもご自分の将来に向けて、筋肉の貯金をしてみてはいかがでしょうか。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP