「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。スポーツとしてされたり遊びとして幼少期からダイエットをしたい大人にまで親しまれているのが縄跳びです。調べてみると縄跳びをし過ぎて膝に痛みを抱えてしまっている人が多くいます。今回は縄跳びによる膝の痛みについてお話させていただきますね。

 

膝に痛みがでる理由も年代によって少し変わりますが代表的なのが3つあります。それは筋力低下・体重増加・縄跳びの跳び方や着地の仕方などが多いようです。軽くジャンプして着地した時には、体重の5倍の負荷が膝にかかると言われています。この負担をいかに少なくするかが膝を痛めない為のポイントです。重心が後方に位置している縄跳びをする際、膝に対して上半身が後方にあると、膝への負担が大きくなります。重心が後方に移動すると、太ももの前にある大腿四頭筋という筋肉が常に働かなければ姿勢を保てなくなり、お皿や膝関節への負担が大きくなります。また縄跳びの際の着地の衝撃吸収は、主に足首で行われます。それを足首が固く膝の屈伸運動でやると痛みが増してしまいます。小学生の子供や運動が苦手な人は体幹・股関節に安定性がない場合、着地の際にふらつきやすいです。

 

紹介したように痛みが出やすい原因はいくつかありますが、もし痛みが出てしまったら当院にはご相談くださいね。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP