「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんこんにちは。今回は肘の痛みについてお話していきますね。

 

皆さんは肘以外にも痛い所はありますか?肘の痛みは肩甲骨周りの筋肉に関係している事が多くあります。その為、肩と肘の両方が気になる人は要注意です。肘はどんな時に動かしますか?日常生活で多く動かすのは前の物をとって引き寄せる時ではないでしょうか。何気なくやることが多いこの動きですが、普段は肩甲骨も連動しています。肩甲骨を外に広げる事で前の物は取りやすく、内側に寄せる事で物は引き寄せやすいと思います。でも、猫背が続いたり肩周りを動かさないでいると肩甲骨は動かしづらくなります。肩甲骨が動きづらくなる分、肘を過剰に使わないといけなくなります。無理に使えば使うほど負担は溜めやすいです。どうしてもその状態で動かすので、痛みをかばった動きになりさらに痛みを抱えてしまいます。肘は曲げ伸ばしの動きが得意ですがやり過ぎは良くないですね

 

肘を使いすぎてしまう原因の肩甲骨の動きを出すには先ず背骨の歪みを整えることが大切です。それに加えて施術を行なうことで痛みを軽減できます。肘には大きな筋肉はないので、肘に付着する前腕や上腕を施術すると筋肉の緊張が緩みます。両方とも合わせてやっていきましょう

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP