「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんこんにちは!八月も中盤となりましたが、まだまだ暑いですね!夏バテにならないようにモチベーション上げて乗り越えていきましょう‼

 

私は学生時代にサッカーをしていました。サッカーは足を良く使う競技ですが、走り込みの運動を重点的に行っていたため陸上部よりも走っていると当時は感じました。(笑)その影響から足の怪我よりも走り込み過ぎて股関節が痛くなってしまったことがあります。当時は地元の整骨院に通い始め施術を行っていました。そこで原因を知りましたが股関節の痛みは縫工筋・長内転筋・鼠経靱帯の3つから構成されるスカルパ三角と言う三角形の場所から大腿動脈が流れており筋肉の影響で血管が圧迫されて痛みが発症したと診断されました。血管は酸素を運び栄養を運んでくれます。その血管が機能低下してしまいますと循環が悪くなり痛みが出てしまいます。酷いようだと壊死の恐れもありえたそうです。私は股関節からの痛みは走り過ぎで筋肉の痛みからだと思っていましたが、血管だと思いませんでした‼血管は足先まで続いてるので大腿部も筋肉が緊張してしまいました。ですが、股関節の運動を重点的に行っていくことでスカルパ三角の痛みは緩和をできました。大腿部の緊張も軽減ができました。

原因が血管としり早期施術のおかげでサッカーの練習に取り組むことができました。

 

皆さんも痛みで困っていて原因が筋肉やまたはここだと思っていても一度専門家に受診し身体を診てもらう事で早期施術やプランが出来ますので困っていらっしゃる方がいましたら診てもらう事をお勧めします。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP