「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは!ついに梅雨に突入しましたが、いかがお過ごしですか?先日までの夏のような暑さが嘘のように冷えますね、、、雨の日は冷えますのでしっかり防寒対策なさってくださいね。ところでみなさんは背骨の歪みが原因で、内臓にまで影響がでてしまうのはご存知ですか?今回は背骨と内臓の関係についてお話させていただきます。

 

背骨というのは絶妙なS字を描いていて、上半身の重みを分散してくれています。そのおかげで、私たちは滑らかに動けるわけですが、その背骨のS字がバランスを崩して形が変わってしまうと内臓まで影響が出てきます。背骨は、頚椎、胸椎、腰椎に分けられますが、胸椎からは胃を支配する神経がでています。胸椎のバランスが崩れたりすると、胃を支配する神経が障害されてしまい、正常に消化活動ができなくなったり、胃の痛みの原因になります。また腰椎からは腸を支配する神経が出ていますが、腰椎が歪むと、腸を支配する神経が障害され、腸が正常に働くことができず便秘の原因になったりもします。背骨の歪みが体に良くないのは皆さんご存知だと思うのですが、このように内臓にまで影響を及ぼすことをご存知の方は少ないのではないでしょうか。

 

当院では背骨の歪みを整える整体をさせていただいています。なんだかお腹の調子がすぐれない方、もしかしたら背骨の歪みが原因かもしれません。ぜひ当院にご相談ください!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP