「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんこんにちは!最近は日中は暖かかったり暗くなると冷え込んだりと寒暖差が激しいですね。寒暖差や気圧差があると体調を崩しやすいので、お身体のケアを心掛けて良い状態を保てるようにしていきましょう!

 

今回は背骨の弯曲についてお話させていただきます。背骨には「生理的弯曲」といって、前後にクネクネとした弯曲があります。背骨は頚椎、胸椎、腰椎、仙骨・尾骨といった合計26個の骨で出来ています。それぞれに生理的弯曲があり、頚椎は前弯、胸椎は後弯、腰椎は前弯、仙骨・尾骨は後弯しています。個人差はありますが、それぞれの弯曲には決まった角度があり、それを超えて過度に弯曲が強くなってしまうと様々な症状が出てしまうことがあります。例えば胸椎の後弯が強くなってしまうと、肩がすくんで背中が丸まってしまう「猫背」になってしまいます。猫背になると胸部の筋肉が衰えてしまって首や肩の動きが悪くなってしまいます。また、腰椎の前弯が強くなると「反り腰」になってしまいます。反り腰になると腹筋の筋肉を使わずに腰で体重を支えようとするため、腰に強く負担をかけてしまうので腰の痛みの原因になります。猫背や反り腰は背骨の歪みの原因になります。背骨の歪みは血管や神経を圧迫して痺れや痛みを引き起こします。背骨が歪まないためには真っ直ぐな姿勢を保つことが大切です。猫背や反り腰はクセになりやすいので皆さん気を付けて過ごしていきましょう!

 

学芸大学整骨院では背骨の歪みに対する施術を行っております。興味ありましたらぜひお越しください^^

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP