「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさん、脊髄(せきずい)という言葉をご存知ですか?聞いたことがあってもそれが何かが分からないという方も多いと思います。脊髄とは、人の背骨の中に通っている人体で最大の神経になります。これは脳からスタートしてお尻の近くまで続く長い神経になります。人はこの脊髄があるおかげで呼吸ができたり、物事を考えたり判断したりすることが出来ます。つまり人が生きていくうえで非常に大切な組織になるのです。

 

では脊髄が障害されてしまうと人はどうなってしまうのでしょうか?例えば腰周りの脊髄が障害されてしまうと腰の痛みがでたり、足が痺れたりしてきます。加えて神経痛のようにジンジンと痛みが常に出てきたりしてしまいます。酷いと両足が麻痺してしまい歩けなくなってしまうなんて事もあるそうです。

さらに首周りの脊髄が障害されてしまうと症状が重くなることが多く、場所によっては呼吸困難に陥ったり、身体全身麻痺してしまい寝たきり生活になってしまったりする事もあります。最悪死に至る重篤な症状になる事もあります。

 

では脊髄の障害を防ぐにはどうすればいいのでしょうか?そもそも脊髄障害になってしまう原因には背骨の歪みが関わることが多いです。背骨の歪みがあることで脊髄を圧迫する疾患にかかりそれが引き金となって症状が悪化するのです。ですから日々背骨の歪みを整えておく必要があります。

 

誰しも背骨の歪みを持っていますから、いつ脊髄障害が起こってもおかしくありません。ですから異変を感じる前に定期的なメンテナンスをしていきましょう^^学芸大学整骨院では背骨の歪みを取る整体や施術をしております。人が生きるために大切な組織を守るためにも日頃からお体の調子を整えておきましょうね!!

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP