「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

皆さんこんにちは!ワールドカップもベスト8が決まってきましたね。日本代表は惜しくも初のベスト8には入れなかったですが、私的にはとても盛り上がり感動を与えてくれた試合でした!4年後にはまた、新しいメンバーで予選から挑みますが、必ずベスト8に連れてってくれると思いますので、これからも全力で応援していきます。

 

今回は腸腰筋の重要さについてお話しさせていただきます。まず、腸腰筋は腸骨筋・大腰筋・小腰筋を合わせて腸腰筋と言います。大腿四頭筋と作用が一緒であり股関節屈曲をしてくれる筋肉でもあります。例として歩く際には必ず使う筋肉でもあるため、筋力低下してしまいますと股関節屈曲の可動域が狭くなるため階段など上手く登れず足が引っかかってしまいます。特に高齢者は筋力低下が見られ階段でつまずいて転倒してしまうことがあります。その影響から骨折もしてしまうため気を付けましょうね!

 

対策として良くリハビリでおこなわれている練習が太ももを最大屈曲することで腸腰筋が働き鍛える事ができます。さらに負荷をかけたい方は太ももに手をおいて太ももと手の押し合いすることで負荷が掛かり鍛えることもできます。継続することで階段昇降の際に足の運びがスムーズになり足が引っかからず転倒防止にも繋がる為、筋力低下や階段昇降でつまずきやすい方は上に書いた運動をご自宅でも簡単に出来るので行ってみて下さい。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP