「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

膝の関節の痛みでお困りの方で、よく膝に水が溜まるという方はいませんか?

水が溜まる度に病院へ行き、注射で抜いていませんか?

その行為が悪循環となってる可能性がありますよ。

膝に水が溜まるという原因はいろいろありますが、膝の関節に炎症が起きると、その炎症を抑えようとするために体の機能が働きます。

そのときに膝の関節内に多くの分泌液が出てくるので、膝に水が溜まったようになります。

このときに水が溜まったからといって、むやみに水を抜いてしまうと炎症が残ったままになり、膝の痛みがひかず、また水が溜まるということになります。

例えるなら、火事が起きているところに放水して火を消そうとしているのに、放水を止めてしまい火事が消せていない状態になっているのです。

原因によっては溜まった水を抜かなければなりませんが、繰り返し繰り返し炎症を起こして水が溜まっている方は、このような悪循環が起きているのです。

膝の痛みが出た際は、早めの処置が大事になってきますので、すぐに当院へご相談ください!

膝の痛みに対するケアはもちろんのこと、膝の痛みをかばって悪くなってしまった体のバランスも整えるよう、しっかり診させていただきます!

膝の痛みとサヨナラして、注射に頼らない元気な体を取り戻しましょう!!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP