「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんは自律神経が乱れてしまうとどうなるかご存知ですか?自律神経とは人が生きるために必要な二種類の神経『交感神経』『副交感神経』の総称をいい、交感神経は体を活動させるときに重要な神経、副交感神経は体をリラックスさせるのに重要な神経になります。この自律神経がバランスよく働くことで人は生きていくことができるのですが、自律神経が乱れるとこの二種類がうまく働かなくなってしまいます。それによって体の痛み、めまい、倦怠感、ひどい方はうつなどの症状が現れます。今自律神経の乱れに悩まされている利用者様が最近多く見られます。

 

自律神経の乱れから体が痛いと感じる原因として『交感神経』が異常に高まってしまう事です。交感神経とは、体が活動している時、興奮している時、緊張状態にある時、何かしらのストレスを感じている時に優位になる神経です。交感神経はストレスに打ち勝つ精神状態を作るために必要不可欠になりますが、高まり過ぎてしまうと体を休めることなくずっと活動している体の状態を作ってしまいます。人は休まないと体力や気力を回復することができません。ですが交感神経がずっと活動している状態が続いてしまうと副交感神経が十分に働けなくなってしまい、体を休めることができません。副交感神経が正しく働いていれば痛みを感じる前に回復出来ます。しかしストレスが多くて副交感神経が働けないと回復しきらないまま次の朝を向かえます。そして次の朝へ、次の朝へと疲労が蓄積されていきます。自律神経の乱れでこのような症状が際の対策として体の力を抜くことが一番大切になります。交感神経が優位になると体に力が入りやすくなります。体に力が入らないように深呼吸を心掛けましょう。深呼吸すると全身の力が抜けやすくなります。そして自律神経の乱れによって現れる症状に対してのケアをしっかりと行っていきましょう!

 

当院では筋肉の施術と背骨の整体をしていますが、これらの施術は緊張してしまった筋肉の柔軟性を出してくれるのでバランスの良い状態で体を使うことができるようになります。そうすると力が抜けやすい体を作ることができますので症状自体が軽くなりやすくなります。自律神経の働き自体を正してあげるのも大切ですが、まずは今対処できる出来る限りのメンテナンスをしていきましょう。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP