「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんは普段いい姿勢の意識はできているでしょうか?そもそもいい姿勢がどのような姿勢なのかみなさん分かりますか?イメージがつきにくい方も多いと思いますので、今回は良い姿勢がどのような姿勢かを伝えさせていただきます。

 

まずは横から見た時の正しい姿勢についてです。上から耳垂(耳たぶ)⇒肩⇒大転子(太ももの骨)⇒外くるぶしを繋いだ時、一直線に真っ直ぐになると良い姿勢が作れている形になります。

そして後ろから見た時、上から外後頭隆起(頭の骨)⇒脊椎⇒臀裂(お尻の割れ目)⇒両内くるぶしの真ん中を繋いだ時に一直線になっていると良い姿勢だと言われています。

これらの指標が一つでも崩れてしまった場合に体の歪み、悪い姿勢という形が出来上がってしまいます。

 

最近の姿勢の悪さには様々な悪い姿勢があります。背中が丸まってしまうものから骨盤が後傾してしまうもの、首が前に出てしまうものなど様々です。みなさんはどの姿勢になりやすいでしょうか?

 

これらの姿勢が悪くなる原因は様々ですが、一番原因として多いのは背骨の歪みです。背骨の歪みは誰しもが持っています。ですが歪みによって症状が出る方はごく僅かです。症状が出てしまう方は歪みが大きく、合わせて筋肉の状態も悪くなっている方が多いです。ですからそういう時に背骨の歪みと筋肉のメンテナンスをしてあげる事が重要になります。

背骨の歪みをしっかりと取ってあげる事で姿勢も良くなりますし、背骨がしっかりと身体を支えてくれることで痛みの発生も抑えることが出来ます。皆さんもこれを機に姿勢を見直しておきましょう!!

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP