「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは^-^八月に入りましたね!毎日猛暑日が続きますがみなさんお身体の調子はいかがでしょうか?こんな暑い日には熱中症が怖いですよね。水分補給や塩分摂取は忘れずに行いましょう。

 

今回は血液の話をしていきたいと思います。私たちの身体の中には物凄い量の血液が流れておりその量なんと4.6ℓです。更にその血液が流れる血管ですが、太い血管から細い血管まですべてを一直線に伸ばすとその距離は10万キロメートルといわれ、地球の赤道を二周半する長さといわれています。そんな長い血管が様々な太さに凝縮されて私たちの体内に入っているのです。これだけ聞いてもすごい話ですよね^^

 

そして体の隅々まで流れる血管には運搬という役割があります。主には酸素や栄養分、熱などを筋肉や臓器まで運びます。肺に流れる血液は酸素と二酸化炭素の交換をします。ですから肺だけあっても人は呼吸することができません。筋肉も血液からの栄養を運んでもらって成長していきます。筋肉トレーニングしても血液からの栄養補給がないと筋肉はつきません。

さらに一番大切なのは脳への血液供給です。脳へ流れる血液には脳が唯一栄養素として確保することの出来る「ブドウ糖」というものが流れています。このブドウ糖が脳へ送られなくなってしまうと脳が正常に働かなくなってしまい機能障害を起こしてしまいます。記憶の保持、理解する力、理性のコントロールなどを司る脳が障害を起こすと「人」としての生活が出来なくなってしまいます。そこで大切なのが栄養素であり、それを運ぶ血液となります。よく聞く脳の病気は血流障害が引き金となるものがほとんどです。

 

血液は熱も運んでくれます。身体の中心部や大きな筋肉の周辺で出来た熱を血液が指の先や足の先まで届けてくれます。この時に血液の流れが悪くなってしまうと指先、足先の冷えの原因となります。冷え性で困っている方も非常に多いと思いますが、その際は血液の流れを変えてあげる事が予防に繋がっていきます。

 

血液の大切さ、理解いただけたでしょうか?この文章を打ち込んでいる私も打ちながら「血液って本当に重要だなぁ」と感心しています(笑)ですから血流を良くするためにも日頃からの体のメンテナンスが大切になります。

みなさんが気軽に出来るのはストレッチ、入浴、運動です。これらは血流を良くするためにとても大切になります。まずは簡単なことから始めてみると良いと思いますので皆さんも試してみてはいかがですか?

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP