「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

金木犀の匂いを風が連れてきて、なんだか懐かしいような、寂しいような気持ちにさせられる秋も深まる今日この頃ですね!

 

さて、今回は貧乏ゆすりの効果についてお話していきます!貧乏ゆすりは、名前の悪さも相まって、あまり喜ばれる行為ではないですね…。しかし、人間の身体というのは無駄なことはしないもの!では、なぜ貧乏ゆすりをしてしまうのでしょうか?その答えは、どんな時に貧乏ゆすりをしているかを考えてみると分かります!基本的には座っている時に貧乏ゆすりをしていることが多いですよね?あれは、すっと同じ姿勢で筋肉や血管が圧迫されてしまっていることで脚に溜まってしまう疲労物資を全身に戻していくために筋肉のポンプを動かしているからなのです。加えて、筋肉の運動により冷え性にも効果があるそう。また、精神的な部分にも影響しているという話があります。イライラしたり、仕事が煮詰まった時に貧乏ゆすりをすることが多いのは、貧乏ゆすりの周期的な運動は、精神を落ち着けるセロトニンという物質を分泌しやすくなるのではないかという説もあるそうです。

 

悪者扱いされている貧乏ゆすりですが、脚の疲労や冷えの回復に効果的なんですね!人目もはばからずカタカタとするのは憚られますが、同じ姿勢がずっと続く時にはしてみるのも一つの手段かもしれないですね!

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP