「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんは「赤血球」を知ってますか??みなさんの身の周りですと健康診断などで耳にすることが多いと思います。この赤血球、身体にとってとても大切な役割をしているのでその働きを紹介したいと思います。

 

赤血球の役割の一つに酸素を運ぶと言う仕事があります。これは赤血球の中にヘモグロビンというたんぱく質がありこれに酸素がくっついて運搬されます。血流は全身に流れているので肺で取り入れた酸素を全身に運ぶのには赤血球に運ばせるのが一番効率の良い方法なのです。ちなみに血の色が赤いのはこのヘモグロビンの色素が赤いためです。さらに赤血球は出血した際の止血の手助けもしてくれるのです。出血をすると傷口に血小板という止血作用のある細胞が集まります。この細胞は止血をする為のフィブリンという膜をつくります。ですがこの膜だけでは出血は止まりません。この膜に赤血球が集まり固まる事で止血されます。更にこれらの赤血球が固まることでできるのが皆さんよく知っているかさぶたです。時間が経ち、このかさぶたが消えていくと傷口が回復します。この赤血球が人の身体から無くなってしまうと貧血状態になり疲れやすかったり眩暈が出たりします。女性は月経や妊娠などの影響などにより元々少ない傾向にあるとは言われているので貧血持ちの方は多かったりします。ですが男性で見られる貧血は内臓器の不調で起こすことが多く内臓から出血などをしている時に貧血が見られることがあります。もし貧血でお困りの方がいらっしゃいましたらすぐに専門医の先生に診てもらいましょう。

 

赤血球を増やす為には日頃の規則正しい食生活や生活習慣が大切だと言われています。みなさんも健康診断で検査してもらったり、生活習慣を見直して赤血球に優しい身体作りを目指していきましょうね^^

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP