「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。足をつる事はありますか?運動してて足をつるだけでなく、気づいたらなっていた事や、起きたらなっていた事もよく耳にします。そもそも足はなぜつるのか?何気なくつってしまっているが対策も取れてないという声もよく耳にします。今回は足がつる事についてお話させていただきますね。

 

足をつることをみなさんは軽視していませんか?しかし放置したままだと次第に足がつる回数が増えたり、夜間に痛みで目をさまし、それが原因で睡眠障害を起こすことも少なくありません。また、激しい痛みにおそわれ翌日まで痛みや違和感が残ったり、さらには肉離れに繋がる事があるので要注意です。足がつる原因ははっきりと分かっていませんが、病気などの直接的な原因がない場合、有力な要因の1つが「電解質異常」です。電解質とは、主にカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなど血液中にあるミネラルイオンのことです。これらのミネラルは、筋肉や神経の動きを調整しているので、なんらかの原因でミネラルバランスが乱れると、筋肉の異常興奮(痙攣)が起こるのではないかと推測されています。血行不良や筋肉の伸縮性低下でも電解質が血中を巡りにくくなり症状が出やすくなります。

 

電解質の含んだ水分を補給するのが楽な対策方法だと思います。また施術で筋肉の伸縮性をだして血流を良くするのも一つの方法です。当院でも筋肉の緊張に対しての施術を行っているのでもしお困りでしたらご相談くださいね。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP