「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。10月も近くなり秋の気候になってきましたね。スポーツの秋と言われるくらいですから運動を始める人も多いのではないでしょうか。新たに運動を始める方は足がつる危険性を視野に入れておきましょう。

 

そもそも足がつる原因は何でしょうか?一番多いと言われているのが先程述べた運動を久しぶりに始めた方がメンテナンス不足で起こるものです。普段から動かしている人は筋肉が体についていける為つることも少ないのですが、あまり動かさない方がいきなり運動を始め、使ったお体をそのままにしておくと筋肉の緊張が強くなり過ぎてしまってつってしまいます。次に原因として多いのが水分不足です。お体の水分が不足してしまうと筋肉の伸びが悪くなってしまいます。その状態でお体を使っていると筋肉の可動域に制限がかかってしまい、限度を超えた際に足がつってしまいます。普段から適度な水分補給が大切です。みなさんも心掛けましょうね。最後は筋肉の冷えです。足がつる時のことを思い出してみてください。朝方や冬の時期につることが多くありませんか?それは筋肉が冷えてしまった結果、伸び縮みが出来なくなってしまいつってしまいます。私も以前足をつった経験をしたのですが想像以上に痛く、痛みが引くのに一週間以上かかりました。足がつるのは本当に辛いですね。足がつらないようにする対策として、一番は筋肉を温めてください。これは運動後も同じです。筋肉を温めると伸びが出て筋肉の可動域があがります。温めて筋肉の動きに余裕を持たせてあげてくださいね。更に運動後はしっかりとストレッチすることを心掛けましょう。

 

私たちは筋肉の可動域を出すために筋肉の施術をさせていただいております。足がつってしまって困っている方がいらっしゃいましたら私たちに相談してくださいね。施術とストレッチをお伝えさせていただいております。足がつらないようにしっかりと対策していきましょう。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP