「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!桜の季節も終わり新緑の季節になってきましたね。これから気温が高くなって暑い日が続いてきますので水分補給などこまめに意識して体調管理には気を付けてくださいね!

 

みなさんは、自分の立っている時のバランスを意識されたことはありますか?人の身体を支えてくれる筋肉はいくつかあり、以前にも姿勢を保ってくれる筋肉のお話をお伝えしたかと思います。

本日は筋肉と違った視点から身体のバランスを支えてくれる場所をお伝えします。

人間は立っている時、とても重要になってくるのが足の親指です。足の親指が無いと人間は立っているのさえ困難になります。それくらい親指は大切になってくる場所であります。少しグロテスクなお話にはなってしまうのですが、昔タコ部屋に集められた人たちが夜に逃亡する計画をしたそうです。それを知った売人が逃げないように足の親指を切断して逃げれないようにしたそうです。その人は親指が身体のバランスを支えてくれているのを知っていたんですね。とても恐ろしい話ですが、このように親指は地面としっかり接地して体重を支えてくれます。

現代でも、外反母趾など親指に異常がある人は身体の重心を上手く支えることができず片側に重心が寄ってしまいますので膝や股関節、腰や肩にまで痛みなどの影響を及ぼしてしまいます。

 

みなさんの中にも特に何もしていないのに最近身体に痛みが出るようになったなど思い当たる節がある方は、もしかしたら足の親指や足に影響があるかもしれませんね。

 

当院では、痛みの原因を探るために生活背景からしっかりと原因を探り根本的な施術を目指していきます。お身体の痛みでお困りの方、一度当院までご相談ください!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP