「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんこんにちは。学芸大学整骨院です。今回はスポーツで急に足首を捻って痛めた時に行う処置についてお話させていただきます。

 

みなさんは足首を捻った経験はお有りですか?私は過去に、外で歩いてる時に段差に気づかないで、踏み外して足首を捻ったことがあります。その時は声を出せないくらい痛く、家まで足を引きずりながら帰りました。幸い痛みは次の日には良くなり、日常生活に支障はきたすことはなかったのですが、人によっては靭帯を傷つけてしまうことがあります。特に、スポーツ中に足首を捻った際、大きなケガにつながることが多々あります。サッカーやバスケットボール、ラグビーといった走っていて急に方向転換をするスポーツでは足首を捻って痛めてしまうケースがよくあります。その際に正しい処置が出来ていないと、後遺症が残ってしまい日常生活に支障をきたす可能性があります。足首を捻って痛めた際は、「RISE処置」という処置方法を行います。「RISE処置」にはそれぞれ意味があり、Rest(安静)・Icing(冷却)・Compression(圧迫)・Elevation(挙上)になります。簡単に説明すると、まず痛めた足首をあまり動かさないように安全な場所に移動します。次に、痛めている部分にビニール袋や氷嚢に氷を入れて直接冷やします。その後、持っていればバンド、無ければラップなどで巻いて足首を圧迫、かつ固定します。そして仰向けで台や物の上にかかとを乗せて心臓より高い位置に足首を置きます。その状態を約20分保ち、一度外して様子を見ます。繰り返しこの処置を1時間おきくらいで行えるとより良いでしょう。足首を捻って痛めた際は一度試してみてくださいね。

 

症状が見た目には出ていなくても、靭帯や筋肉を傷つけていたり、骨折をしている可能性もあります。そのため、痛みが引いてもそのままにはせず、一度病院に行って診断を受けてみましょう。また、学芸大学整骨院では、それぞれの症状に合わせてテーピングや手技による施術を行っております。興味ありましたらご相談くださいね。

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP