「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

 

皆さんこんにちは!一気に気温が低くなり、関東でも初雪を記録しましたね^^私の部屋では毎朝息をするだけで白い息が出ており、本当に部屋の中なのか戸惑います()皆さんはなるべくお部屋も暖かくして寝るようにしてくださいね^^

 

さて、今日はこの時期からよく使う暖房を扱うときの注意点についてお話しますね^^暖房は冷房の時と違い温度を極度にいじる事は少ないかと思います。しかし、暖房もしっかりと適正温度があります。私は暖房を点けたまま寝ると喉を痛めてしまうことが多いので元々高温に設定する事はあまりありませんが、冷え性の方などは設定温度を25℃以上にしたりする方が多いそうです。暖房の適性温度は20℃です。しかし、家の場所や広さなど環境の違いからどうしても部屋の室温が20℃に満たない場合もあります。そういう時は意外かもしれませんが扇風機を使ってみてください^^暖かい空気は上に溜まりやすいのです。上に溜まっている暖かい空気を扇風機の風で下まで送ってあげることで部屋中が均等に温まるので快適に過ごせると思いますよ^^

 

無理に温度を上げて快適に過ごそうとするとどうしても乾燥が強くなってしまい、お肌や喉がやられてしまいますし電気代なども一気に高くなってしまいます。皆さんも暖房を適温で点けて一工夫し、冬を乗り越えましょうね^^

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP