「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは!季節も変わり外が暗くなる時間も早くなってきましたね。これから冬にかけて段々と気温も低くなってきますので風邪を引かないように体調管理には気をつけて過ごしましょう。

外気の温度が低くなると当然体温も低くなります。体温が低くなってくると筋肉は収縮を繰り返し熱を産み体温を上げようとします。この筋肉の収縮の繰り返しがふるえです。皆さんも寒いと身体がぶるぶるとふるえて鳥肌が立ったりすると思います。こういった筋肉の収縮が繰り返されると筋肉もストレスを感じてしまいダルさや疲れが溜まってしまいます。

そういった疲れやダルさが溜まってくると痛みに変わってしまいます。また、筋肉も収縮が続くと緊張してしまい神経や血管を圧迫して痺れや力が入りにくくなったりといった症状も出てきてしまいます。

 

そのような症状でお困りの方は大体が身体をしっかりと温められていないことが原因なのです。身体を温めるのもシャワーでなくお湯にしっかりと浸かることで身体の奥深くまで温まるのでできるだけ長く浸かるようにしましょう。

また、長くじっと浸かるだけでなくお湯に浸かりながら筋肉を伸ばしたり動かしたりすることで筋肉も緊張が取れやすくなるので、お風呂の中で少し動かしてみたりもしてみてください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP