「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

初夏も深まり、夏を思わせるような暑さが続きますね。停滞する前線が連れてくる雨の気配も色濃く感じる今日この頃ですが、皆様はいかがお過ごしですか?

さて、今回は運動が筋肉にもたらす効果についてお話をしていきます!元来筋肉とは、身体を動かし、運動をさせる為のものです。それなので、長く動かない状態が続くと動きの悪い筋肉になってしまいます。その動きの悪い状態の筋肉を無理やり動かすことで、筋肉に傷がつき、痛みに繋がりやすくなってしまいます!では、運動をしてあげるとどのような効果があるのでしょうか?まず、運動は筋肉を動かすことで体温が高くなります。すると同時に筋肉の温度も上がり、筋肉が動きやすくなるのです!皆さんも、寒い日に指がかじかんだり、関節の動きが硬くなるのを感じたこと、ありますよね!あれは、筋肉の温度が下がってしまうことで筋肉の動きも悪く、運動が制限されている状態なのです!特に、デスクワークの方の肩や腰にこのような症状が出やすいです。具体的に有効な運動の時間は、15分以上。15分運動を続けたあたりから一気に体温が上がり、筋肉の柔軟性も増してくると言われています。これからの時期は、屋内であればどこでもクーラーが効いていて、身体が冷えることも多いです。

夏なので、熱中症には注意が必要ですが、しっかり身体を動かしてあげて、筋肉が動きやすいお体にしていけるといいですね!

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP