「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

こんにちは。皆さんは普段運動する前にしっかりと準備運動をしてから運動を開始していますか?しっかりと準備運動を行わないとケガをしてしまう危険性が高くなります。しかし、しっかりと準備運動を行っていても正しい準備運動を行わないと運動のパフォーマンスが上がりません。本日は運動前の最適な準備運動をお話していきます。

 

皆さんはランニングや筋トレ、スポーツを行う前にどんな準備運動をしていますか?大体の方が静止した状態でアキレス腱を伸ばしたり、股関節を伸ばすストレッチを行っているかと思います。しかし、このような静止した状態で筋肉を伸ばすストレッチは静的ストレッチと言い、運動前には向かないのです。むしろ運動前に向かないどころか運動のパフォーマンスを落とすことになってしまうのです。何故、静的ストレッチを行うと運動のパフォーマンスが落ちてしまうのかというと、静的ストレッチを行うと筋肉がもつ弾性エネルギーの効果が薄れてしまうためです。弾性エネルギーとは簡単に言うと筋肉のバネだと思い浮かべてもらえると分かりやすいかもしれません。バネは弾力があればあるほどパワーが強くなりますが、伸びきってしまった弾力のないバネは大きな力にはなりません。筋肉も一緒で、静的ストレッチで筋肉を伸ばしてしまうと筋肉の弾性エネルギーが失われてしまい筋肉本来のパワーが出せずにパフォーマンスが落ちてしまいます。では、運動前にはどのような準備運動をすれば良いのか?それは、動的ストレッチです。動的ストレッチは静的ストレッチとは逆で、関節を動かして筋肉を温めるストレッチになります。動的ストレッチの代表として、ラジオ体操があります。動的ストレッチは筋肉を伸ばすのではなく関節を動かして筋肉を温めていくので、弾性エネルギーを失うことなく準備運動が出来ます。

 

皆さんも運動前はなるべく動的ストレッチを行いパフォーマンスを上げていきましょう。静的ストレッチは慢性的な筋肉の疲労などの時に行うと効果的です。当院ではお身体の施術だけでなくストレッチ等のアドバイスもさせていただきますのでご相談ください。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP