「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんは普段自分で関節を鳴らす癖などはありませんか?指や首なんかを鳴らす人を良く見かけますし、私自身も鳴らす癖があります。なるべく鳴らさないようにはしているのですが、癖になってしまったものはどうしても抜けきれないですね…すぐに鳴らしてしまいます(笑)ではなぜ関節を鳴らすことがよくないのでしょうか?

 

まず関節で音が鳴るのは何故なのでしょうか?これは関節の中に出来る泡が原因と言われています。関節の間には関節を守るためにある「関節包」という袋のような靭帯の塊があり、その中に関節の動きを滑らかにする「関節液」という液体が入っています。関節液は蒸発すると泡になります。蒸発してできた泡が関節などにかかる圧によってはじけた際に「ポキッ」と音が鳴るのです。私は最初骨が鳴っているのかと思っていましたがそうではないようですね(笑)

 

音を鳴らす際には指を強く曲げたり、首を勢いよく回したりすると思いますが、この時に関節にかかる圧の重さは1tにもなるそうです。一瞬とはいえ大きな圧が関節にかかっているのです。さらに毎日のように繰り返しで関節を鳴らしてしまうと関節に炎症が起こってしまい可動域が狭くなり動きが悪くなります。

私の友人に首を鳴らすのが癖になっている人がいるのですが、その友人は寝違えの回数が物凄く多かったです。首の関節が上手く動かないせいで知らない間に筋肉に負担をかけていたのですね。このように鳴らす癖がついてしまうところから筋肉に負担をかけ痛みを誘発してしまうのですね。

 

このようなところから関節を鳴らす癖というのは体に大きな負担をかけますし、関節の動きが悪くなる原因にもなります。さらにそこから筋肉に負担をかけて体の痛みがでてしまう原因にもなります。みなさんも少しずつでいいですから関節を鳴らす癖をなおしていきましょう!!私も指を鳴らす癖があるので直そうと思います(笑)一緒に頑張っていきましょうね^^

 

 

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP