「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善

みなさんは普段頭の痛みに悩まされることはありますか?体調が悪い時に起こりやすかったり天気が崩れる前や崩れたときに起こりやすかったり色々パターンがあるかと思います。実は痛みにもいろいろな種類があることを皆さんご存知ですか?

 

頭の痛みは大きく【緊張性】と【拡張性】の二種類に分かれます。聞いたことある方は多いと思いますが、これら二つはどんな違いがあるのでしょうか?首には脳に血液を送るための血管(椎骨動脈)が通っています。この血管があることで脳に酸素や栄養を送り、体を動かします。人が生活するうえでは重要な血管になります。しかし、この血管が首の筋肉の緊張により締め付けられてしまう事で脳への栄養が少なくなってしまいます。頭の痛みは脳への栄養や酸素が足りなくなった時のサインのようなものなのです。このように筋肉の緊張が血管を締め付けてしまう事で起こる頭の痛みが【緊張性】に分類されます。痛みの原因は筋肉だけではありません。血管自体がボロボロになってしまうと起こることもあります。例えば喫煙習慣のある方や栄養不足になりがちの方、多くいると思いますが、そういった方の血管の壁というのは健康な方と比べると傷が多くついています。この状態を放っておくと血流が流れる際に血管の壁が崩れてしまいます。血管の壁が崩れてしまう危険な状態を知らせるために痛みという形でサインが出されます。血管の壁が原因で起こる痛みが【拡張性】といいます。

 

このように頭の痛みは体の状態が悪いことを自分自身に知らせるために起こる物なのです。予防するには普段からの体のメンテナンスが非常に重要になります。喫煙している方は本数を減らしたり、生活習慣が乱れているという方は一度見直してみたりすることが大切になります。特に緊張性は筋肉の緊張が原因でおこりますので、首周りの筋肉をしっかりとメンテナンスしていかなくてはいけません。なかなか自分では難しいところもあるかと思いますので、頭の痛みに困ったらぜひ私たちに相談してみてください。施術をしていくことで頻度が減ったり、痛みが出なくなるかもしれません。是非一人で悩まず私たちに相談してくださいね。一緒に痛みを楽にしていきましょう。

「学芸大学整骨院」で痛みや不調を根本改善 PAGETOP